画像解析計測器原子間顕微鏡

- Oct 01, 2017-

基本的な情報

  • タイプ: 顕微鏡

  • モビリティ: デスクトップ

  • 光源の種類: レーザー

  • 使用法: 教育

  • 光学の原理: 段階の対照の顕微鏡

  • 作業モード: FM、タッピング、省略可能な接触、摩擦、フェーズ、Magn

  • Scanningrange: 20 Mmin Xydirection、Z 方向で 2 mm。

  • 画像サンプリング ポイント: 256 * 256、512 * 512

  • 走査周波数: 0.6 Hz ~ 4.34 Hz

  • フィードバック: DSP デジタル フィードバック

  • 輸送のパッケージ: 木製ケース パッケージ

  • 起源: 中国本土のみ

  • 倍率: 4 倍

  • シリンダー数: なし

  • 立体効果: 立体効果

  • 形状: 五角形プリズム

  • 原則: 光学系

  • 名前: 原子間顕微鏡

  • サイズ: 90 mm * 20 m

  • サンプルの Movementrange: ±6.5 mm

  • 倍率: 4 倍

  • Scanangle: 0 ° ~ 360 °

  • 商標: 南米

  • 仕様: 54 * 55 * 99 cm

製品の説明

画像解析計測器原子間顕微鏡

機能
走査型プローブとサンプル stagenhanced 抗干渉能力を統合しました。
2 高精度レーザー位置決め装置プローブ、プローブ andadjusting 簡単で便利なスポットを変更します。
3. 方法に近づいてサンプル プローブを使用することにより針はサンプル スキャンに垂直になる可能性があります。
4. Automaticpulse モータ駆動制御サンプル プローブ垂直は、スキャン領域の precisepositioning を達成するために近づいています。
5. Samplescanning 関心のある領域は、高精度サンプル モバイル デバイスの設計を使用して自由に移動可能性があります。
6. CCDobservation 光学測位システムは、プローブ サンプル スキャン領域の実時間観測と位置を実現します。
7. モジュール化の電子制御システムの設計では、回路の継続的な改善を図りを促進しました。
8. 複数のスキャン モードの制御回路のマツウラは、ソフトウェア ・ システムに協力します。
9. 春懸濁液をシンプルで practicalenhanced 抗干渉能力。