顕微鏡イメージングファクタ

- Jul 10, 2017-

客観的条件のために、光学系は理想的な画像を生成することができず、様々な差異の存在が画質に影響する。 以下はその違いの簡単な説明です。

1.色の違い

色収差は、多色光の場合に生じるレンズ結像の重大な欠陥であり、単色は色収差を生じない。 赤いオレンジグリーンシアンバイオレットの7種類の組成で白色光、様々な光の波長が異なるので、レンズの屈折率も異なるので、四角形の点のオブジェクトが汚れを形成することがあります。

色収差は、一般に、位置の色収差、倍率色収差を有する。 位置の色の使い方は、観察するための任意の位置に似ています、色の点またはHaloの輪があり、そのようなものが曖昧になります。 倍率色使いは色付きの縁のようです。

ボールの違い

球面収差は、軸上の点間の単色差であり、レンズの球面によって引き起こされる。 ボールの違いの結果は、ポイントイメージングの後では明るいスポットではなく、明るくてぼやけたエッジで明るいスポットであるということです。 したがって、画像品質に影響を与える。

球面収差の補正は、凸面、凹面球の差が反対であるため、レンズの組み合わせを使用して排除することが多く、凸面と凹面のレンズの凝集を排除するために異なる材料を選択することがあります。 古いモデルの顕微鏡では、対物レンズの球面収差は完全に補正されておらず、正しい効果を達成するために対応する補償接眼レンズと適合されるべきである。 一般的な新しい顕微鏡の球面収差は、対物レンズによって完全に除去される。

1、ホイの違い

違いは軸点の単色差です。 軸上の点が大開口ビームで結像されると、レンズを通って放射される光ビームはもはや交差しなくなり、単一点の像はいわゆる「Hui-貧しい "。

2、散在するように

非点収差は、明瞭性に影響を与える軸の色の違いでもあります。 視野が非常に大きい場合、エッジ上の点は光軸から遠く、ビームは大きく傾いており、レンズの後に画像が散乱されます。 理想的な画像平面合成では、楕円形のスポットを形成する、2つの別々の、および短い線に垂直に互いに結像させた後の元のスポットを散乱させる。 非点収差は、複雑なレンズの組み合わせによって除去される。

3、フィールドソング

フィールドソングは、「フィールドベンドのように」呼ばれます。 レンズが現場に存在する場合、ビームの交差点は理想点と一致しませんが、各特定点で明確な画像点を得ることができますが、画像面全体がサーフェスです。 このように、ミラー内で同時に顔全体を見ることはできず、観察や写真撮影が困難になります。 結果として、顕微鏡の目的は、一般に、フィールドを補正した平坦なフィールド対物レンズである。

4、ひずみ

フィールドの湾曲を除いて、上記のフィールドの様々な違いは、画像の明瞭度に影響します。 歪みはその違いの別の特性であり、ビームの同心性は損なわれない。 したがって、画像の鮮明さには影響しませんが、元のオブジェクトのように変形します。

(1)物体が焦点距離の2倍のレンズ物体内に位置する場合、焦点距離の2倍の画像正方形内で、反転された実数を減少させるように焦点が形成される。

(2)物体がレンズの焦点距離の2倍に位置するとき、画像正方形の焦点距離の2倍の時間に同じ大きさの反転実数が形成される。

(3)物体がレンズの焦点距離の2倍以内、焦点の外側に位置する場合、画像正方形の焦点距離の外側に拡大反転実数が2回形成される。

(4)物体がレンズの焦点にあるとき、像は結像されない。

(5)物体がレンズの焦点内にあるとき、像は形成されず、レンズ側の同じ側は、遠方の物体よりも仮想的に直立している。

顕微鏡の撮像原理は、上記(3)及び(5)の法則を用いて物体を拡大することである。 対象物が対物レンズf-2fの前方(対象物の焦点距離に対するF)にあるとき、対物レンズ画像の焦点距離の2倍が形成され、反転された実像を拡大する。 顕微鏡の設計では、この像は接眼レンズの1回の時間折りたたみ焦点F1の中に入り、対物レンズによって拡大された第1の像(中間像)は再び接眼レンズによって拡大され、最終的に拡大した垂直(相対的な中間)接眼レンズの物体側(中心像の同じ側)および人間の目の見かけの距離(250mm)にある。 したがって、顕微鏡を見ると、接眼レンズ(追加の変換プリズムなし)を通して元の物体の像の反対側が見えます。