CCDカメラ1400万画素産業MV-1400HU

CCDカメラ1400万画素産業MV-1400HU

機能の説明:1,1400万画素日本のパナソニックCOMSセンサー; 2、この製品には、1400万画素のカメラと、モードキーを使用してスイッチを切り替える720pのビデオ録画があります。 モードを切り替えるモードボタン、カメラモードのデフォルト、ビデオを調整するために一度押すと...

制品の詳細

1400-.jpgCCDカメラ -  .jpg

機能説明:

1,1400万画素日本のパナソニックCOMSセンサー;

2、この製品には、1400万画素のカメラと、モードキーを使用してスイッチを切り替える720pのビデオ録画があります。 私はモードを切り替えるモードボタン、カメラモードのデフォルト、ビデオを調整するために一度押すと、プレビューモード、サイクルスイッチを押してください。

3、製品は8倍のデジタルズームを提供します。 上または下のキーを押してデジタルのズームインまたはズームアウトを行い、長押しするとズームインまたはズームアウトし、ローカルのズームインまたはズームアウトで短くします。

4、この製品はHDMI高精細ビデオ出力インターフェイス、720p 60hzの出力サイズを提供します。

7、製品は無料のドライブ1080P 30フレーム/秒の高品位のUSBビデオ出力を提供します。

8、この製品は、キー画像のフリーズ/解凍機能をサポートし、凍結および融解機能後に達成するためにオン/オフボタンを押してください。

図9に示すように、製品はクロスカーソル機能、水平線4、垂直線4、オプションおよびモバイルのサポート線、および表示ラインの色設定および厚さ調節可能を提供する一方で、センタークロスカーソル表示を提供する。

12、自動および手動露出をサポートします。

13、サポートEV値(露出補正)調整;

14、英語、中国語繁体字、簡体字中国語およびその他の多言語設定をサポートします。

15、サポート50Hz、60Hzの光源の周波数選択された設定;

16、サポートHCSD T - フラッシュカード(クラス4)、最大の道路32GB;

18、サポートのシャットダウン設定の保存機能;

第二に、インターフェイスの説明:

1、HDMIの高精細ビデオ出力インターフェイス;

2、USB B型高精細ビデオ出力インターフェイス;

3、Tフラッシュカードソケット;

4、DCインターフェイス(注:DC 5V)。

第三に、重要な指示

1、スイッチマシン/フリーズ/解凍キー。

2、メニュー(メニュー)ボタン。

3、on / +ボタン。

4、次の/ボタン。

5、カメラ/ビデオ/確認ボタン。

6、モードスイッチ/ AEボタン;

第四に、操作説明書:

最初のステップ:電源

元の機械に5V DC電源DCジャックを差し込んでください。

注:デバイスはUSBで電源を供給することもできます。

第2ステップ:ブート

キーを短く押すと、赤色のインジケータが点灯し、デバイスは正常に起動します。

第3の部分:表示デバイスへのアクセス、プレビュー状態への入力

カメラがHDMIハイビジョン出力インタフェースを介してディスプレイデバイスに接続されている場合、カメラはプレビュー画像をディスプレイデバイスに出力します。 この場合、デバイスはカメラモードになっています(緑のインジケータランプは点灯していません)。 USB経由で、ディスプレイデバイスに接続されたディスプレイデバイス(PC、サポートUVCディスプレイ設定)がカメラのプレビューイメージを出力する場合。

注:USBを接続してからHDMIを接続すると、ビデオ出力は自動的にHDMI出力に切り替わります。

ステップ4:操作

1.写真を撮る

HDMI出力の場合、今回は短くカメラボタンを押し、次にもう1つは自動的に1,400万画素の写真を撮り、JPEG形式はT-flashに保存されます。

注:この手順を実行する前に、デバイスの容量が2 GB以上のT-Flashカード(クラス4以上)を搭載していることを確認してください。 それ以外の場合、デバイスはカードのエラーを知らせます。

注:T-Flashカードを挿入した後、エラーメッセージが残っている場合、またはカメラボタンを押したときにカードが間違っている場合は、メニューでフォーマットを選択し、T-Flashカードをフォーマットしてください書式設定)。

2.ビデオ

HDMI出力状態では、この時点でモードスイッチキーを押して、デバイスがビデオプレビュー状態に入ったことを示す緑色のインジケータライトを点灯させ、短時間の録音キーを押すと緑色のライトが規則を点滅させ、デバイスが録画を開始すると、ビデオファイルH.264でエンコードされた1080P 30フレーム/秒の高品位ビデオがT-Flashカードに保存されます。

注:このステップマネーの操作で、デバイスが2GB以上のT-Flashカード(上記のClass4)の容量を挿入していることを確認してください。そうしないと、デバイスはカードエラーを表示します。

注:T-Flashカードを挿入した後、エラーメッセージが残っている場合、またはカメラボタンを押したときにカードが間違っている場合は、メニューでフォーマットを選択し、T-Flashカードをフォーマットしてください書式設定)。

3、デジタルズーム:

HDMI出力モードで、上/ +ボタンを短く押すと、プレビュー画像のデジタルズームが拡大(ズームイン)されます。 / - ボタンを短く押すと、デバイスはプレビュー画像をデジタルで縮小します)、ディスプレイの下部にはズームインとズームアウトが表示されます。

4、冷凍、解凍

HDMI出力状態では、プレビュー状態で、スイッチ/フリーズキーを短く押すなどプレビュー画像がフリーズし、短押しボタンを押すとプレビュー画像が解凍されます。

5、自動、手動露出スイッチ;

HDMI出力状態では、プレビューモードで短押しモードスイッチ/ AEキーなどの手動(または自動)露出に自動的に切り替わり、

注記:デバイスのデフォルトは自動露出です。

図6に示すように、

HDMI出力状態では、プレビュー状態で、ポップアップメニューのオプションで、メニューキーを押し、ラインを選択し、OKボタンを押すと、表示するかどうかを選択できます。ディスプレイの行を、その後、メニューを終了するには、メニューを終了すると、ディスプレイデバイスは、ディスプレイデバイスに均等に配布され、水平4、垂直4の8サポートを表示します。

7、行をロックし、行を移動する:

HDMI出力状態では、プレビュー状態でMENUキーを押し、ポップアップメニューのオプションでaを移動する行を選択し、次のメニューに入り、ロックする行を選択します(水平線H1-H4 、垂直線V1~V4)は、次のメニューを入力します。これは、表示を設定する、表示しない、行を移動するために使用することができます。

表示しない場合は、OKキーを押してから、MENUボタンを押してメニューを終了し、対応する行を表示します。

移動する場合は、OKキーを押してから、メニューボタンを押してメニューを終了します。上/下キーや左右の選択行を移動することができます。

8、線の太さの設定。

HDMI出力状態では、プレビュー状態で、ポップアップメニューオプションのMENUボタンを押して、線の太さの設定を選択し、次のレベルのメニューを入力して、線の太さの設定を合計4段階に設定してから、 OKキーを押し、メニューボタンを押してメニューを終了すると、行の太さが変更されて表示されます。

9、線の色の設定:

HDMI出力状態では、プレビュー状態で、ポップアップメニューオプションのMENUボタンを押し、ラインの色設定を選択し、次のメニューを入力して合計5種類のラインカラー設定を選択し、OKを押しますキーを押した後、MENUボタンを押してメニューを終了すると、行の色は対応する変更になります。

10、クロススターディスプレイの設定。

HDMI出力状態では、プレビュー状態で、ポップアップメニューオプションでメニューキーを押し、ディスプレイのクロススター設定aを選択し、次のメニューを入力してクロススターを表示するかどうかを選択するか、 OKキーを押してから、メニューボタンを押してメニューを終了すると、表示装置の中央にクロススターが表示されます。

11、言語設定:

HDMI出力状態では、プレビュー状態で、MENUキーを押し、ポップアップメニューのオプションで言語設定を選択し、次のメニューを入力してから、使用する言語を選択してOKキーを押してからMENUボタンを押してメニューを終了すると、デバイスメニューのプロンプト言語が選択された言語に対応するスイッチになります。

12、光源の周波数設定:

HDMI出力状態では、プレビュー状態で、MENUキーを押し、ポップアップメニューのオプションで光源の周波数設定を選択し、次のレベルのメニューを入力してから、光源周波数(50Hzまたは60Hz)OKキーを押し、次にMENUボタンを押してメニューを終了すると、デバイスのプレビュー画面が選択された状態の光源周波数を入力します。

13、露出補正設定:

HDMI出力状態では、プレビュー状態で、ポップアップメニューオプションのMENUボタンを押し、露出補正設定を選択し、表示デバイスの下に複数の露出補正を表示し、+ / - キーを押します。プレビュー画面が適切な補正応答を行い、OKボタンを押すと、デバイスは対応する露出補正状態を決定します。

14、フォーマット機能:

HDMI出力状態では、プレビュー状態で、ポップアップメニューオプションのMENUキーを押してフォーマットを選択し、T-Flashカードをフォーマットするかどうかをユーザーに知らせてから、TFカードをデバイスがフォーマットされます。

注:この操作中は、デバイスにTFカードをフォーマットしてください。 この操作の後、TFカードの内容はクリアされます。

15、工場出荷時の設定に戻ります:

HDMI出力状態では、プレビュー状態で、ポップアップメニューのオプションで、MENUキーを押し、工場出荷時の設定に戻すかどうかをユーザに思い出させます。 、デバイスエラー設定とステータスは工場出荷時の状態に戻ります。

注:この手順を実行するときは、工場出荷時設定に戻すことを確かめてください。 この操作の後、デバイスはそのデバイスのすべての以前の設定を消去します。


Hot Tags: CCDカメラ1400万画素工業MV - 1400hu、メーカー、卸売、カスタマイズ、割引、価格表

引き合い

あなたはおそらくそれも好きでしょう